忍者ブログ
ジャンプの感想がメインです。コメントもしくは拍手も暇でしたら置いていってください。TBはフリーですが、認証制にしております。その辺はご了承ください。相互リンクしたいのでリンクを張りたい場合は、一言言っていただけるとありがたいです。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    いざ、二上山へ!

    と、いうことで、本日は二上山に登ってまいりました。はい、疲れたです!色々なハプニングがありながらも、なんとか無事に帰ってこれたので、その道中を写真を交えて、やっていこうと思います!で、今日行ったルートを…

    近鉄関谷駅→屯鶴峯→二上山雄岳→二上山雌岳→祐泉寺→鳥谷口古墳→当麻寺→近鉄当麻寺駅

    です。こういうルートです。友人と2人で行ってきました。その珍道中を(笑)長くなりそうなので、続きを読むという形で行きます!では、続きを読むをどうぞ!

    あ、ちなみにガンダムは見ていないので、ちょっと感想は待っていただきたいです。

    拍手




    当初、二上山雌岳から登って屯鶴峯の方に行こうと思ったのですが、時間があったら鹿谷寺跡の方に行きたいと思い、急遽屯鶴峯の方から行くことになりました。これが後々良い結果になったので、よかったです。

    ということで、近鉄の関谷から歩いて意気揚々と、屯鶴峯の方へ歩いていきました。そして、道に迷いましたorz初っ端から道に迷い、国道165号線で右往左往。近くの会社のおじさんに聞いてみたら、最初に行ってた方向CIMG1610.JPGで合ってたみたいで。無駄にここで体力を30減らした形になりました。ちなみに私のHPは250くらいです(笑)とにかく無駄な体力を使って、なんとか屯鶴峯へ。入り口に看板がありました。意外と目立ちます。ただ、穴虫の方から出ないと見えません。この看板。で、この看板から中へ。

    さくさくと登ると(そんな距離無いですが)、屯鶴峯の素敵な眺めが見えてきます!白い!白いです!これだけでも私としては大満足なのですが、かなりいい眺めでした!道に迷ったかいがありました(笑)CIMG1613.JPG
    その眺めがこちらの写真です。いやー、ホントここで2人ではしゃいでたのですが、友人が困ってます。どうしたのかと聞くと、どうも持ってきたデジカメが写真を撮ると写真が白むのです。何故?色々2人でいじったのですが治らず、仕方なく携帯で。私のデジカメは大丈夫だったので、私のカメラで撮影。2人ともはしゃいでたので、変なポーズで撮ったりしてました(笑)

    さて、ここから、ダイヤモンドトレールの道のりで二上山に登ろうとしたのですが、どうも、登り口が見つかりません。近くで工事してたおじさんに聞くと、遠回りしなきゃ駄目だといわれました。なので、元来た道に戻り、近くのコンビニで話を聞き、歩いて国道165号線の大和田バイパスを歩くことに。後で知ったのですが、大阪方面に歩いていったら、ダイヤモンドトレールの道があったみたいです。まあ、そんなことも知らず、歩き、カミノ池口かCIMG1624.JPGら、いざ登山へ!この時点で12時15分でした。ちなみに、関屋駅に着いたのは、10時8分です。時間が結構かかっています。とにかく、登ることに。最初のうちは、なんかいいね~とか言いながら登ってました。まだ川が流れてて、結構いい感じの山道だったからです。その様子がこちら。光の照り具合とか良いでしょ?この時はまだ知らないのです。この先の道を…
    CIMG1632.JPGさて、所々に椅子があります。というか、ベンチありすぎだと思ったのですが、その多さ、やはり後で知ることになります(笑)登っていると、看板がありました。現在地点を知らせてくれる看板です。この案内図では、現在地がまだまだ下です。まあ、入ったばかりだったからです。で、その看板を見て、ちょっと登ったところで、軽く2人で絶句してしまいました。まさかの階段です。いや、階段はいいんですよ。その角度の問題です。角度と高さ、CIMG1634.JPGこれが合わさると、足に負担が掛かります。その足の負担になる階段が現れたのです。写真は、少し上がって、上から下に向けて撮った写真です。ホントここで息切れ。体力の無さを痛感します(笑)登ったところにベンチがありました。ありがとうベンチ!最高だよベンチ!とホントに思いましたね。いや、ベンチのある理由がよく分かりました。必要でCIMG1636.JPGす。で、ちょっと休憩したあと、トトロのメイが歩いていく様な道を歩いて、さらに登ったところで視界が開けました。見晴らしがよく、奈良盆地を見渡せるところに出たのです。いやー、疲れたかいがありました。だって眺めが良いんだもん。でも、ここ頂上じゃないです。6合目あたりです。まだまだ先です(笑)
    途中で、別の登山口からの合流地点があります。そこで、他の登山客に会いました。そこでちょこっと話してさらに進みます。階段があるのはいいのですが、坂道より負担が掛かるので、正直辛かったです。途中で、いい加減おなかがすいていたので、頂上で食べることをやめ、そこで食べました。なんだか、コンビニのおむすびがとても美味しく感じましたよ。で、そこで友人のデジカメ、面白いことが判明しました。写真は撮れないのですが、動画が撮れることが判明しました(笑)なんで?!2人で首をかしげながらも、動画を撮る友人。写真の代わりにと一生懸命です。そんな中、団体の登山客が降りてきました。その人たちの話を聞き、まだあると聞かされますが、たいしたことないと言われました。で、さらに登っていきます。たいしたこCIMG1644.JPGとありましたorz結構あったぞ。おじいちゃん達すごいなと思いました。前からは親子連れが。うーん、親子連れも凄い(笑)そんなことを思いながら登ってると、面白い看板を見つけました。それがこれです。
    でも、これが出てからも結構ありましたよ、登り道。そしてようやく頂上へ。雄岳CIMG1647.JPGの頂上です。で、ここ。美化関係のため、頂上ついたら200円払わなければなりません。ちゃんと払いました。で、頂上には、大津皇子の墓と神社がありました。正確には墓は頂上手前ですが。頂上は見晴らしはあまりよくありません。雌岳の方が見晴らしが良いと聞いたので、早速雌岳の方へ。途中。変な分かれ道があり、どっちへ行けばいいのかわからなかったので、登ってくる人を待ってました。結構いろんな人が登ってるので、ちょっと待てれば誰かとすれ違うんですよね。で、その人に聞くと、くだっていく見たいでした。そんなに降りないうちに、馬の背に着き、トイレとお茶を買って雌岳の頂上へ。そんなに登らないうちに頂上に着きました。確かに、雌岳のほうが見晴らしがよCIMG1652.JPGかったです。雌岳から見る雄岳。紅葉がいい具合になってきれいでした。
    そして、奈良盆地、葛城山(たぶん)もよく見えましたが、さすがにちょっと煙ってCIMG1654.JPGて三輪山ははっきりとは見えませんでした。というか、大和三山すら煙ってましたorzまあ、大阪平野のほうが煙ってたのですが…(笑)で、その奈良盆地の写真です。煙ってますね(笑)
    さて、ここで大変なことが起きました。私のデジカメ、充電池が切れてしまいました!前の日にはちゃんと充電をし、屯鶴峯までは、デジカメに電池を入れてなかったのにorz前々から切れやすいとは思ってましたが、もうちょっと持つだろうと判断してたのに…ちくしょう!なので、ここからは、携帯の写メです。頂上で散々休憩し、これからどうするか。祐泉寺のほうから降りるのか、鹿谷寺跡のほうまで行って竹ノ内街道から帰るのか。頂上の地図を見たら、時間が書いてありました。後者の方を計算すると、2時間弱。この時点で、2時半です。無理ですね☆疲れも出ていたので、鹿谷寺跡はあきらめました。ちょっと行きたかったけど、体力の問題071117_1245~0001.jpgです。で、岩屋の方から降り、祐泉寺に向かいました。その途中、やはり大阪平野方面が開けていて丁度綺麗だったので、写メ。行きよりもきれいに舗装されてました。確かにこっちから登るのはいいかも。と思いつつ、当初考えてた経路を071117_1512~0001.jpg行くと、帰りにあの急な階段や急な坂を下りることになるので、変更してよかったと二人で言い合ってました。山道も、なんだかもののけ姫っぽくて、ヤックルが欲しいとか、木霊がいるとか2人で盛り上がってました(笑)

    さて、ようやく雌岳を下り降り、祐泉寺もチラッと見て、降りていくと、鳥谷口古墳が見えてきます。うちのゼミの先生がここの名前をよく私にいってきます。理由は、家形石棺の蓋ばかりで作った横口式石槨だからです。ですが、正直なところ、私は今回の卒論、蓋は対象外なんですよね。何度も言われて、資料も貰いましたけど、ごめんなさい。そん071117_1534~0001.jpgな重要視してません。てか、今の卒論に入れるのは難しいです。私はあくまで家形石棺の結合技法を中心としてるのですから。石槨は対象外です。と、まあ、思いつつせっかくなので、見て帰りました。うーん、改めてみるとやはり対象外(笑)でも、ちゃんと見るとホントに家形石棺の蓋ばかりでできています。おもしろいですよね。

    さてさて、ようやく下界(笑)に降りてきたら、以前1回行った当麻寺の近くに出たので、時間もあったことで寄る事にしました。まあ、ちょっと歩いて終わりだったんですけどね。その後、友人はお餅と団子を買い、電車に乗り帰ったわけです。この時点で4時半だったかな。1日中奈良にいたわけです。

    正直疲れました。若いとか若くないとかの問題じゃありません。どれだけ運動をしているかしていないかの差です。でも、楽しかったです。景色よかったし!研究に役立つかな?微妙ですが。で、最後に。屯鶴峯は県の天然記念物なので、石は切り出してはいけないのですが、その辺に石ころが転がってるわけです。別に切り出してるわけではないので、ちょっと石ころをお持ち帰り。これが多分今日の中で一番役に立つ(笑)

    さて、ここまで読んでくださりありがとうございました。というか、御疲れ様です。皆さんも機会があれば、二上山に登ってみるといいです。
    PR

    無題
    おつかれさまでした笑
    いいなぁとしみじみ思いましたよ。
    二上山
    お疲れ様です。

    山(?)ねぇ…実の所は全く登った経験は有りませんが体力が心配だったりします。(体力が無いので/苦笑)

    最後にHPの方は回復しましたか?(ってゲームか!)
    サンキューコメント♪
    嬢さん、コメントありがとうございます!
    お疲れだよ~。バッチリ筋肉痛だよ!でも、これがいいかどうかは、微妙なところ(笑)

    雷神さん、コメントありがとうございます!
    山登りは元々趣味ではないのです。まあ、気がついたら山登りってことは過去にありましたが…(汗)
    最後にHPは回復しませんでした(笑)家に帰ったときのHPはわずか30ほど。殆ど死んだ状態でしたorz
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [21]  [20]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    プロフィール
    HN:
    紫鈴
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    漫画や音楽に興味を持っています。考古学が好きです。
    ちなみに…
    好きな漫画…武井宏之先生の作品をこよなく愛しています。基本的に幅は広いです。
    好きなアニメ…最近見ているのは「ワートリ」ぐらい…
    好きな小説…黒ねこの王子カーボネル、十二国記、ゲド戦記、五龍世界、乙一作品が好きです。
    好きな音楽…BUMP OF CHICKEN(愛しています)・Asriel(世界観が好きです)・Kalafina(ハーモニーが美しいです)。別ジャンルになると、クラッシックは全般的に好きです。好きな作曲家はラヴェルです。
    忍者アナライズ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]