忍者ブログ
ジャンプの感想がメインです。コメントもしくは拍手も暇でしたら置いていってください。TBはフリーですが、認証制にしております。その辺はご了承ください。相互リンクしたいのでリンクを張りたい場合は、一言言っていただけるとありがたいです。
05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    天保異聞妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」

    久しぶりに感想を書こうと思います。というより、最終回ですが(笑)もう反転させるのもめんどくさい(ヒド)ということで今回は反転させません。

    久しぶりに見たせいで話がチンプンカンプン。最初にコナンがゆっきー及びアヤシの皆が死んだとか何とか言ったからびっくりしたけど数秒後、ぴんぴんしている奴らが出てきましたよ(笑)で、変態仮面さんたちは南朝側の人間と判明。最近、狂骨の夢を読んでたので微妙にリンク。やっぱり題材にしやすいのかな?まあ、置いといて、江戸元が何故かそっち側にいるので裏切ったのかと、ちょっとウキウキしてたのですが、最後で戻ってきやがった。いや、戻ってきてよかったのですが、あっち側にいた理由が、「自分が祀っている妖夷を見てみたかった。」って!この人ホントに危ない人だなと思った瞬間でした。で、今回は、漢神の大盤振る舞い。全員の漢神がでました。てかさ、おがちゃんのはできれば刀にして欲しかった。ナックルって一番あわねえよ!江戸元は槍?薙刀?なんかその辺の武器でしたね。いつも銃ばかり持ってるから動きとろいのかと思いきや、意外とすばやい。しかも、使い慣れてる感じが…ようちゃんここに来ていい人化?その前からあったのかな?その辺は見てないんであれですが、ようちゃんの漢神が「鳥」って…うん。そうだよね。いいよ。それで空飛べちゃうもんね。うん。

    さてさて、戦闘はその辺で、異界にアトルとゆっきーと雪輪が行きましたが、あのゆっきーの台詞がどうしてもプロポーズにしか聞こえない(笑)ちょ、それじゃーただのロリコン親父になっちまうよ、ゆっきー。てかその台詞を後ろで静かに聞いてる雪輪。恥ずかしくない?なんだか、不思議な世界でした。結局、江戸に戻りましたけどね。で、後日談としては、噂話と平行しながらアヤシの活動風景(といっても日常風景ですが)で終了。

    結果的には、終わり方としてはいいほうですが、なんか時代を感じる終わり方というか…くさい。ビィトを見てる気になった。でも、私的にはビィトのほうが上ですけど。まあ、この時間帯にローテンションなこの番組は合わなかったかもね。深夜の方が続いてたかもしれません。案だけ始まる前はプッシュしてたのにね…(涙)

    次は「地球へ…」です。こっちは、感想を書く気はありません。次何かのアニメの感想を書くとしたら、コードギアスの2部でしょう。コードギアスは、なかなかハードでしたからね。マジでユーフェミアが可哀想でしたし、ちょっと怖かったです。でも、話の作り込みが妖奇士と違うのでやはり面白い。ちょっとここで話題がそれるのですが、最終回アニメのつながりで、パンプキンシザーズの話をしたいんですが、最後の話はちょっと見てて恥ずかしいというか、なんか納得のいかない終わり方でした。前から突っ込みたい部分はチョコチョコとありましたが、最終回に向けての話は特に酷い。原作にあった話なのかどうなのかは知りませんが、アリスがちょっとおかしい子になってましたから。しかも、最終回なのに作画乱れ。オレルドがかなり不細工になってました(笑)まあ、終ったものだからもういいです。私的には機会があれば、古本屋で原作を立ち読みしようかと思う作品だったので、いいほうかな?妖奇士の最終回の話からだいぶそれましたが、ま、可もなく不可もない作品だったと思いました。

    拍手

    PR

    天保異聞 妖奇士 二

    帰ってきました。今までブログ放置していてすみません?てか、ちょっと新年早々大ボケかましましたからね。だから、ここに書き込みしなかったんですけど…まあ、いいや。感想感想。今週は反転させません。なぜなら、一週遅れで見たからです。おかげで、来週の内容分からんかもorz

    で、今回の話、なんだかよく分からなかったけど面白かった。色んな意味で。元さん、アビは最初だけ。なんだかこの2人いなくても…まあ、それより、最初の頃よりずいぶん性格が変わったサイゾーですよ。彼女どうしたのというくらい性格崩壊してません?ビックリですよ。とりあえずサイゾーにビックリ。あと変な仮面集団。様々なところで変態仮面カールの襲来といわれていましたが、彼らの目的が見えません。そろそろ、ゆっきー達の目指すラスボスあたりを出して欲しいものです。BLOOD+では、ちょうどこのあたりでディーヴァの名前が出ましたよね?最終目的が無いとなんだか何をしたいのかがわからなくなってくる…まあ、妖夷を倒すといえばそれまでなのですが、一年間この調子だとちょっと萎えるかな。まあ、今後に期待です。サイゾーがギャグ要因だということはよく分かりました。ツッコミはアトルか?!

    とりあえずおぼろげな記憶で感想を書きました。さて、次はジャンプの感想だ!

    拍手

    さようなら 『天保異聞 妖奇士』

    前回を見てないので今回の話はさっぱりです。まあ、とにかく感想を…この感想も最近たいぎいなぁ…では、いつものごとく反転させます。

    このアニメは、アバンがある時とない時があるので、油断できません。なので、最近ウルトラマンもばっちり見てますよ。っと、関係ない…アバンでは、元さんとサイゾーが妖夷に攻撃しようとしているところでした。しかもサイゾー頑張ったのに逃げられた(笑)で、この屋敷がどこか分からないので、流れが全然つかめないままOPへ。で、サイゾーと元さんは、何かの調査しにこの屋敷に泊り込んでるんですよね??しかも、アヤシという事も伏せ、妖夷の肉も食べたこと無いと嘘をついて。しかし、元さんの胡散臭い演技に笑ってしまった(笑)ほら、隣でサイゾーも呆れているではないか(笑)とにもかくにも、この屋敷の人物達の狙いがようちゃんだってことが分かりました。最近、ようちゃんを見てない気もするけどきっと気のせい。昨日は、スミス(マトリックス)の方で忙しかったんだよね。

    さてさて、アビとゆっきーは、もう一回もぐりこむとか何とか言って出て行きます。で、アビにはお姉さんがいたんですね。知らなかった。しかも死んでるし。昔の仲間?知り合い?と戦うアビ。その途中、雪輪がゆっきーを乗せて来て、アビを乗せて戦いはお預け。しかし円盤状の雪輪どうにかならんかなあ…そんなこんなで?屋敷に突入するアヤシの皆さん。捕まっていた元さんとサイゾーを助け出し、妖夷を見つけようとすると、どこにもいない。人もいない。以前サイゾーと元さんが見たからくりの部分を探していたら、異界が開きました。しかも中にはアビのお姉さん。そのお姉さんから漢神が出てきて、何かにくっついて妖夷になって来週へ。

    そういえば間に、コナンと眼鏡の人とアトルがのほほんと酒を飲んでましたね。こういうのすきです。全然振り向いてくれないコナンが一生懸命酒づきに酒を入れています。その大量の酒をアトルは奪って一気飲み。男前だなあ、アトルさん。コナンビックリですよ。しかもそのあと、テロップに現代では駄目ですよ。笑えました。それにしても、ホントに書いてて何の話かわからない(笑)感想書くのやめようかなあ…

    このアニメが打ち切りと巷で噂が流れているのですが、ホントなんでしょうか?この話題でうちのブログに来ている人もいるのですが…そこんとこどうなの?

    拍手

    今週の天保異聞 妖奇士「説十五 羅生門河岸の女」

    今日は友人宅で見ました。友人とはしゃぎながら見てました。ちなみにその前にウルトラマンメビウスを見ていたのですが、今日出てきた怪人がホラーだとか新手の宗教だとか、昔話題になった白装束集団だとか花粉症だとかで大盛り上がり。むしろ、アヤカシアヤシより面白かったかもしれません(笑)まあ、そんなこんなで感想です。いつもどおり反転させます。(一週間経っているので戻します)

    今回は、もうコナン(狂斎)のかっこよさにメロメロです。これでアトルがコナンにおちなかったらおかしいですよ。あたしゃ、コナンが大好きです。なんだあのかっこよさは。最後のほうはちょっと情けなかったところはありましたが、でも総合してコナンが…あの最初の展開はすごく素敵でした。で、最初のサイゾーがゆっきーに食って掛かっていたのは、ゆっきーとアトルにくっ付いて欲しかったからなんてことじゃないですよね?ただ単に、コナンが嫌いなだけですよね?もしアトルとゆっきーってことになったら泣きますよ。どこのロリコン親父だよ。まあ、それはいいとして、アトルはあらぬ噂を立てられました。「異国の病を持っている」「内臓を取り出して食べている」などなど。アトルちょっとかわいそうです。そんななか、吉原から出してあげるとコナンは言いますが、アトルは「往壓がここにいろと言ったからいる」とコナンの言うことを却下しました。可哀想に…コナン…それでも、コナンは健気にアトルを助ける努力をします。変装して彼女の代わりに捕まったりもして…(涙)

    さてさて、その頃市野さんと南町奉行の面子は、ゆっきーに言われた蝶の彫り物をしている女を捜すため、人様の部屋を勝手に開け覗いていました。ちょ、恥ずかしいじゃないですか。てか、そんなところを6時台に写すなよ。恥ずかしいだろ!花魁だってわかんない子供が見てるんだよ。この後お父さんやお母さんに「花魁ってなあに?」って聞かれたら答えに窮するでしょう!まあ、せいぜい「ホステスみたいな人よ」って答えるか?でもなぁ…この辺はBLOOD+同様よくないですよね…

    アトルの方は清花の部屋に匿われていました。清花の蝶の彫り物に気づいてない模様で、普通に会話。そんな中、市野さんが来ました。本日2度目、コナン同様かっこいいところを見せてくれた市野さん。市野さんに愛されていることを知りつつ、男についていく女なんて嫌だと自殺しようとした所を、市野さんが身を挺して守りました。いやー、マジかっこいい。で、蝶の彫り物に気づき、このままでは清花が犯人になってしまうと考え、その場でアトルを切り殺そうとします。この行動がなければ、市野さんの株は上がったまんまだったのに(笑)アトルをかばって清花は切られます。すると、妖夷の蝶が出てきて飛んでいきました。それを一生懸命追うアトル。そこに雪輪が来てそれに乗って追いかけます。市野さんも追いかけます。ゆっきーたちと合流しますが、彼も妖夷になってしまいました。ゆっきーは、彼は武士だったからと言い、漢神を取り出し、刀で切りをつけました。彼から取り出されたのは「愛」。結局、サイゾー以下妖奇士たちは今回も解説役でした(笑)

    最後のほうの展開、いまいちよく分かりませんでした。市野さんが何故妖夷になったのか。清花の方は何故散っていったのか。ここがいまいち分かりませんでした。とにかく、今後もアトルにメロメロ?なコナンを見ていきたいです。てか、この2人がくっ付いてくれることを祈ってます。

    来週は、ちゃんと見れるかな?分かりませんが、頑張ってみようと思います。

    拍手

    天保異聞妖奇士 説十四「胡蝶舞」

    先週の13話を見ていないのでちょっと話がわかりませんでした。いつのまにアトルが吉原に…さてさて、感想です。いつものごとく反転させます。(一週間経ったので戻します)

    アトルが吉原にいることも驚いたのですが、その隣にいた河鍋狂斎の声に驚きました。コナンがおる!(乱太郎でも可ですが)って…狂斎は今後コナンと呼ぼうかと(笑)やばいかな?まあいいや。コナンね。コナンさんは結構かっこよかったと思います。このアニメで唯一かっこいいというか、いい青年というか…ね?だって、四十間際のオッサンとか女装しているオッサンとか、変な人ばっかりですから、お姉さん方の目はようやく潤ったわけですよね。さてさて、コナンは遊女殺しの疑いがあると言われてましたね。前回見てないのでこの辺がよく分からないのですが、実際は妖夷が殺してたみたいです。てか、夕方6時に話題にするネタじゃないですよね、これ。それと、こっそりとアトルとコナンの様子を見て赤面していたサイゾーが可愛かったです。もう彼女はボケ係でゆっきーがツッコミですね。

    で、久々に?登場したアビと元さんですが、アビの鼻歌に笑った(笑)だって、実際と違うことを歌ってたんだもん。歌詞は覚えてないのですが笑ったな〜。さて、水面下で色々と動いていますが、アトルの身の上が危なくなってきました。でもきっと、コナンが自分の権力を使って、事なきを終えるんだろうなと思います。これでコナンが権力じゃなく言葉で黙らせたら別の意味で凄いですが…コナンはアトルと同じくらい今後出るのでしょうか?そんな気がしてなりません。ところで変態仮面集団の話題はいずこへ?

    今回からか前回からかは知りませんが、OPとEDが変わっていましたね。どちらもなかなかいいんじゃないのでしょうか?OPの最後のゆっきーが妖夷の肉を食べるシーンはいらないのでは?と思ってしまいました。EDの方は、アトルしかいない…ええ?!なんで?ちょっとビックリしましたよ。

    なんだか、視聴率を取ろうと頑張ってる感じが否めませんが、まあ、頑張って欲しいものですね。

    拍手

    妖奇士: 説十一

    今回の話は満足でした。今までのあの体たらくはなんだったのか(笑)ようやく戦う回数も増え、それぞれの見せ場があり、歴史背景もちゃんと出てきたので。でも、まだコードギアスには劣るよ…では、感想です。いつものごとく、反転させます。

    今回は、どうやら妖怪話を虱潰しにさがして妖夷退治。そして、遊部は温泉から生まれるのでしょうか?

    膨れたサイゾーが可愛すぎ(笑)雪輪がいい人(馬?)になってる!で、アトルとサイゾーがゆっきーを取り合ってるようにしか見えない今回の話(笑)で、今回はサイゾーの女装姿が(笑)あ、いや、男装姿じゃなくて、ちゃんとした格好に。

    加納さんが本庄(?)を追いかけたら、沢山の妖夷に化かされたwそこを助けたのはゆっきー。おがちゃんは指示だけ。まあ、その前に妖夷の体を縛ってた紐は切ったけどね。

    で、Bパート。例のかけら?あれは何?遊部達がまたもや混乱。で、そこで隠れて見てた仮面の衣冠束帯の人たち。何かたくらんでいるようです。

    おがちゃんは本庄と話をしますが、相手にならない(笑)本庄は言い逃げしていきました。で、近くにいた気になるおじいさんは、土井の守さまでした!その頃、おがちゃんは1人で鰻と戦います。意外と良い勝負です。でも最後は、ゆっきーに持っていかれましたね。鰻を食べていた花井は、おっさん達に襲われて石を取られました。実はその人たちが仮面の衣冠束帯(長い!名前をいい加減教えてくれ。)。その石は、仮面の人たち曰く「せっしょうせき」(漢字が分からん)。彼らは何をしたいの?うーんまだ先が見えない。

    で、危ないところでアトルとサイゾー登場。雪輪に乗れと言われ、乗るゆっきー。え?なんでわざわざ2人の間に乗るの?後ろでもよくない?まあ、いいや。それ以上に、雪輪がすごいと思う。例え女の子2人とはいえかなりの重量。それに、ゆっきーが乗ればかなり重いはず…頑張るね。で、ここで今週は終了。今回は、殺陣が多かったので、なかなか楽しめた。勢力が色々出てきたからだと思う。BLOOD+みたいに。

    次回予告のサイゾーがめっちゃ可愛い。吹っ切れたおかげで、だんだん可愛くなってきたwこんな事言ってるとオッサンみたいですね(笑)

    次週は期待できそう…あ、でも、広島に帰ってるわorz一週遅れだった。ああ、また1週見れない話が出てくる。やだなぁ…

    拍手

    天保異聞妖奇士 説十「弥生花匂女神楽」

    先々週の話しまだやってたんだと思いました。先週はちょっとした用事で見れませんでした。もう飛び飛びで見てるからチンプンカンプン?まあ、感想です。(一週経ったので戻します)

    えーと、なにやらサイゾーを取り囲む奇士。説得し、自分の額から針を出すゆっきー。てか、ゆっきー自由自在に自分から取り出してますよね。そしてそれで宙に浮いたたくさんのお面をサイゾーに戻します。ここでも役に立たない、アビと元さん。そして、さすが年の功と言うか、ゆっきーがサイゾーを諭します。そんな中、おがちゃんは一生懸命サイゾーの名前の意味を探ってたのか何なのか、薬種問屋へ。そこで竜骨と呼ばれる、亀の甲羅を見てサイゾーの名前の由来の自分の見解の間違いを発見。そしてそこにある甲羅を買い占めて行きました。この甲羅、甲骨文字の書かれてる卜占の跡のものでしたね。あれを昔の人が薬として飲んでたなんて考えると、あまりにも遺物を無駄にしてるorzせっかくの資料なのに…おがちゃんが買い占めたことは、ものすごく偉いと感心してしまいました(笑)

    で、おがちゃんとようちゃんの部下2人と会い、一緒にサイゾーの元へ。そして、サイゾーの名前を取り出せと、ゆっきーに言います。ゆっきーとサイゾーの関係がここにてピリピリしてたものがほんわかに。取り出したのは、剣。どうやら、罪人を貫く針ではなく、王の側近で守る役目の何とか(記憶が…)。おかげでサイゾーは吹っ切れました。そして、妖夷と対決。そしてフィギュアもどきの踊りを踊るサイゾー(笑)ゆっきーに渡された自分の漢字から取り出した剣で倒します。この一件で、上の方々は奇士を存続させることを決定。そして今度は、おがちゃんにスポットを当てるようです。なんか、いつのまにかおがちゃんとゆっきーが仲良くなっていることにビックリ。

    次回、雪輪とアトルが再登場。見れるといいな(笑)

    拍手


    [1]  [2]  [3
    カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    プロフィール
    HN:
    紫鈴
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    漫画や音楽に興味を持っています。考古学が好きです。
    ちなみに…
    好きな漫画…武井宏之先生の作品をこよなく愛しています。基本的に幅は広いです。
    好きなアニメ…最近見ているのは「ワートリ」ぐらい…
    好きな小説…黒ねこの王子カーボネル、十二国記、ゲド戦記、五龍世界、乙一作品が好きです。
    好きな音楽…BUMP OF CHICKEN(愛しています)・Asriel(世界観が好きです)・Kalafina(ハーモニーが美しいです)。別ジャンルになると、クラッシックは全般的に好きです。好きな作曲家はラヴェルです。
    忍者アナライズ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]