忍者ブログ
ジャンプの感想がメインです。コメントもしくは拍手も暇でしたら置いていってください。TBはフリーですが、認証制にしております。その辺はご了承ください。相互リンクしたいのでリンクを張りたい場合は、一言言っていただけるとありがたいです。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    あけましておめでとうございました

    もう二月だというのに、更新してなくてすみません。

    お詫びに、不器用な私でも簡単に作れた今週号のジャンプの付録のサニー号で勘弁してください。この角度では見えませんが、サニーの首元は作成上どうしても不恰好に飛び出るので、セロハンテープで付けてます。この付録のうたい文句が、ノリ要らずの付録なのですが、セロハンテープはいります。来週号は書き下ろしのクルーとミニメリー号と白モクバが付いてくるみたいなので、来週も頑張って作ります。というか、深海用のサブマージは作らないのね…一応あれもサニー号の一部なので、麦ワラクルーが(付録の都合上)乗れないにしても入れて欲しかったなぁ…
    あと、説明が大雑把過ぎて笑いました。最初理解するのに苦労しました。

    ここ最近のジャンプ。今、私が好きなのは、ワンピース、トリコ、いぬまるだしっ、ぬらりひょんの孫、スケットダンス、保健室の死神、ライトウィングです。ライトウィングは、色々神がかっていてて面白いです。万人受けしないから、打ち切り最有力候補の位置にいますけど。テニプリと斬(スウォットは進化していて普通に面白かった)を融合させた面白さです。こんなサッカー漫画は見たこと無いです。
    保健室の死神は、安定して面白いんですが、何故か打ち切り候補の位置が多いんです。安田回になるとあがるんですけどね。
    スケットダンスは、この春テレ東でアニメ化です。連載当初から好きな私としては、見れないのが悔しいです。おかしいなぁ、広島って地方中枢年なんだけどなぁ…
    ぬらりひょんの孫は、羽衣狐様がお亡くなりになられて、順位低下が悲しいです。普通に怪談系も面白いのに。流石羽衣狐様!
    いぬまるだしっは、たまこ先生を見るのがかなり癒しになってます。単行本も欲しかったりしますが、まぁ、いぬまるくんがあれだとね…というのは建前で、本棚に入らないというのが、本音だったり。
    トリコもアニメ化です。ドラゴンボール枠です。こっちは、まさに少年漫画!凄く前のジャンプで連載していたような感じですが、今のジャンプでは新しく感じるマジックです。冒険王ビィト的な感じです。
    ワンピースは、魚人島編は何年かかるかなと思いつつ、楽しく読んでます。
    今は、ナルトもナルトが出てなくて面白いし、ブリーチは、最近ツイッターを見てたら、なんだか面白く感じてしまうマジックにはまって、楽しく読んでます。今のジャンプも捨てたもんじゃないよ!

    あと、基本3月までは忙しいし身なので、相も変わらず更新が遅いとは思いますが、今年もよろしくお願いします。



    拍手

    PR

    クリスマス企画5

    街のイルミネーションは明るく、この聖夜を迎える人々の気持ちを上向きにさせる。光があれば、闇も生まれ、この日は気持ちが下がる人も少なからずいた。
    その少ないうちの一人が、僕こと栗須聖夜だ。親がクリスマスに生まれたというのが理由らしい。小さい頃から誕生日とクリスマスプレゼントが一緒だったのもあり、人よりは間違いなく損をしている。そんな日がやって来た。彼女がいるわけもなく、かといって大学の友人たちは地元に帰ったりバイトしたり、就活で忙しいし。仕方ないから近くのコンビニでケーキを買った。何だか悲しくなった。
    もう何もする事が無いので、寝ようとしたところで、玄関のチャイムが鳴った。こんな時間に誰だよ、と思いながらも扉を開けた。そこには、小学4年生くらいの中性的な子供が立っていた。
    「えっと、家、間違えてるよ。」
    「ううん。あってるよ。お兄ちゃんに会いに来たの。」
    「僕には兄弟はいないんだけど…」
    「そういう意味じゃないんだけど、まぁ、いいか。セントニコラウスのじーちゃんがお兄ちゃんに用があるんだって。だから、迎えに来たんだ。」
    「えっと、セント…何?」
    「セントニコラウス。お兄ちゃんは数少ない中から選ばれたんだって。とにかく、ついてきて。」
    言われるがまま、僕はついていった。

    そこは安いアパートの一室だった。中には、赤い服を着た髭をはやしたおじいさんがいた。
    「待っておったよ。ふむ、体格はやせ形か…まぁ、問題ないか。」
    「あの…どういうことでしょうか?」
    「実はのぉ、わしはもう老い先長くない。そこで、わしがしておるサンタクロースの仕事をお主にやってもらいたい。どうかのぉ。」「ひとつ良いですか。なんで面識のない僕なんですか?」
    「面識はあるよ。君が確か8歳の頃、クリスマスの願い事にサンタにして欲しいと頼んでたろ?その時、お返事で、20歳越えたらと書いてあったはずじゃ。」
    確かに僕は昔書いた。何故このおじいさんが知っているのか、気になった。が、同時にサンタクロースだから知っているのかと妙な納得をしてしまった。
    「で、具体的には何をすればいいんですか?」
    「わしのもとで修行してもらう。今、就活中じゃろ?就職先をサンタにすればいい。何も問題ない。給料もある。そこにいる子も手伝う。どうじゃ?」
    「…世界中に配るのですか?どうやって欲しいものを手に入れるんですか?」
    「サンタ用の袋があっての、この中から自動的に出てくるんじゃ。世界中回るのもたいへんじゃが、そこはてわけして配れば意外とはやく終わるよ。」
    本当にサンタかわからないまま、僕は見習いとして、働くことになった。

    数年後、あまり好きではなかったクリスマスが楽しみになった。サンタとして子供たちに夢を与えることになったからだ。


    すいません。時間がないのと、睡魔に襲われて、微妙な話になりました。これでクリスマス企画は終了です。お付き合いありがとうございました。

    拍手

    クリスマス企画4

    雪が降る、降る、降る。今年の冬は寒いと聞いた。だけど、私は、寒さを感じない。ただ、雪が降り積もるのを見ているだけ。先週まではこんなこと無かった。

    雪が降る中、私は歩いていた。リズム良く雪を踏み締める音。こんなにも心地よいとは思わなかった。雪が肌の上を滑り、溶け、寒さを冷たさを感じていても、心は暖かかった。私の隣で、一緒にこの幸せを噛み締めた人は今どうしているのだろうか。温かい春の日も、すがすがしい夏の日も、肌寒い秋の日も、寒い冬の日も、一緒にいたあの人は、もう隣にいない。遠い所に行ってしまった。

    今日はクリスマスイブ。クリスマスの日にはサンタクロースがプレゼントをくれる。こんな私にも来てくれるのだろうか。聖夜はもうすぐやって来る。最後の私の願いを、聞いて。

    誰か、私を見つけて―
    山奥で一人寂しく横たわっている私を、誰か見つけてください。
    そして、私の傍らで笑っていたあの人を、どうか捕まえて。捕まえてくれたら、あとは、私があの人を、奈落の底へ連れて行ってあげる―


    この話はフィクションです。信じる人はいないと思うけど、一応ね。
    すいません。まさかのイブで暗い感じになってしまいました。そろそろ真面目に書こうと考えたら、こんなことになりました。精神が不安定なのかもね(笑)最初はこんなつもりで書いていなかったのに…感想はコメントでお願いします。

    拍手

    クリスマス企画3

    僕は双子の兄ヘンデル。私は双子の妹グレーテル。二人合わせてヘンデルとグレーテル!そのままじゃないかという突っ込みは無しでヨロシクね☆
    僕たちは今日、サンタさんにお手紙を書いたんだ。
    僕のお手紙はね、
    「サンタさん、サンタさん、僕は国がひとつ欲しいです。出来れば、気候が良い日本が欲しいです。難しかったら、イタリアかスペインが良いです。」
    うふふっ!叶うと良いなぁ。さ、ベッドに入って寝よう。
    私のお手紙はね、
    「サンタさん、サンタさん、私はお腹一杯になるほどのお菓子のお家が欲しいわ。中国やアメリカ、イギリス製のお菓子は勘弁して欲しいわ。出来れば、日本かフランスかドイツ製が良いわ。」
    うふふっ。楽しみだわ。さ、ベッドに入って寝よ。

    シャンシャンシャン

    ん?鈴の音?サンタさんが来たのかな?起きてびっくりさせちゃいけないから、寝たふりしておこう。
    「なんじゃこりゃぁー!どないなってますの?!この子らの頭。」
    「なんなんですの。サンタ?」
    「トナカイ、これを見なはれ。」
    「どれどれ…」
    トナカイが二足歩行で立って手紙を読み始めた!僕は思わず、何でやねん、って突っ込みたかった。
    「これ、酷いたのみごとね。どうするの?」
    「ふむ。ヘンデルは国やろ…あ、これはどないやろ。シーランドの爵位。国は流石にあげられへんけど、爵位なら2万ユーロで買えるさかい。これでええやろ。一応、伯爵にしといたるわ。」
    「シーランドって国じゃないような…まぁ、いいですわね。こっちのお嬢ちゃんはどうするの?」
    「お菓子の家なんて、腐るわ。その前に賞味期限切れるし。切れへんのやったら中国製しかあらへんよ。」
    「切れないというか、すでに切れて何年も経っているものすら売ってますけどね。」
    「しかもわがままなことに、中国とアメリカとイギリスが嫌なんて…まぁ、わからなくもないけどなぁ。」
    「で、どうしますの?」
    「ほな、家型のクッキーでえかろう。ええと…イタリア製かぁ…まぁ、えかろう。」
    そう言って、サンタとトナカイはプレゼントを置いて返っていった。僕はシーランドの爵位なんてどうでもよかったので、グレーテルのクッキーとこっそり入れ替えたんだ。

    次の日。グレーテルは昨晩僕と同じで寝たふりをしていたらしい。プレゼントを換えたのも知っていて、グレーテルの昇龍拳とカメハメ波をくらいボッコボコにされた。

    この話はフィクションです♪ ネタが微妙なんて言わないでね。じゃないと、グレーテルトルネードパンチをお見舞いしちゃうぞ♪

    拍手

    クリスマス企画2

    わしはサンタクロース。歳は…歳は…歳は……永遠の18歳……
    さすがに長生きし過ぎて忘れてしもうた。
    まぁ、そんなわしにも悩みがあるんじゃ。聞いてくれんかのぉ。

    「ここ最近、物が豊かになって、子供達のプレゼントが多様化して困るんじゃ。昔はお人形かプラモでも置いておけば皆喜んだんじゃが…わしもお財布的に喜んだんじゃが…最近は、ゲームが欲しいじゃ、ブランド物が欲しいじゃ、流行りの服が欲しいじゃ、全く金のかかるもんばかりじゃ。わしのお財布が悲しんでおる。
    そういえば、もっと困るもんもあったのぉ…現金とか世界平和とか。わしの力で世界平和になるんなら世の中戦争はおきんわい。
    そんなこんなで、子供達の喜ぶ顔見たさに頑張っておるんじゃが、何分金がかかってのぉ…実はあと10件分のプレゼントが買えとらんのんじゃ。金が足りんで。だから、日雇いか3・4日のバイトで10万近く稼げるバイトないかのぉ。」
    「なんでおいらにその話するんっすか、サンタの旦那。このやり取り、この時期になると必ずやってますよ。いい加減、財布の状況考えてプレゼント買ってくださいよ。」
    「なんじゃい、なんじゃい!シュールストレーミングの缶詰工場で働いた金だけじゃぁ足らんのじゃ。」
    「じゃあ、仕事を変えれば良いじゃないっすか。」
    「今不景気じゃろ。何処がこの老いぼれを新たに雇ってくれるんじゃ…」
    「さっき、冒頭で永遠の18歳とか…」
    「言葉のあやじゃ」
    「…はぁ~。わかったっすよ。今年もおいらのムーミン谷テーマパークで稼いだお金使っていいっすから…来年こそはこんなことないように気をつけてくださいよ。」
    「さすが、わしのトナカイ。話がわかるのぉ。来年は気をつけるから。」

    こうして、プレゼントが子供達の元に届く。毎年このやり取りを繰り返すサンタとトナカイであった。

    この話はフィクションです。ご感想は、コメントでお願いします。

    拍手

    アルバムの感想やらクリスマス企画パート1など

    クリスマス…近いね…世間とほぼ隔絶されている私は、少し人恋しいです。っても人には沢山会っているんだけどね。

    で、ですよ。今日はバンプのアルバムについて、語っても良いかなと思ったりします。あと、今年はクリスマス企画として、クリスマスまでの間、時間の限り、クリスマスをテーマとしたしょーもないショートストーリーを書こうと思います。面白かったらコメント頂けると生きる希望に繋がります(笑)

    携帯からなので、そんなに続きを読むができないのでご勘弁を。

    バンプのアルバム
    今回は何か曲調が全体的にアイリッシュな感じでした。特に三ツ星カルテットと分別奮闘記は。嫌いじゃないし寧ろ好き。私はウェザーリポートからモーターサイクルまでの流れが神がかってる位好きです。マジ今車の中飽きないくらい聞いてます。同じ日にサンホラも届いたけど、あっちは一回しか聞いてない。考察とか考えると時間が必要だしそんな余裕が今無いので、落ち着いたらね。とにかく今回は、クオリティの高いアルバムで、バンプファンとしては是非ともみなさんに聞いて頂きたい。


    ショートストーリー
    「クリスマスプレゼント」
    明日はクリスマス。世間では「恋人たちのクリスマス」とか言われているけど、正直小学生の私には関係ない。寧ろ、サンタからのプレゼントの方が本命だ。友達のゆきちゃんは、「たいふ~んのライブDVD」をお願いしたと言っていた。確か特典で、たいふ~んメンバーのソロ曲が入るらしい。ちなみにメンバーは、三宮くんと小野くん、竹本くんと相根くんそして梅井くんの5人グループだ。私は全く興味がないのでどうでもいいが、ゆきちゃんが会うたびに色々説明するので詳しくなってしまった。正直サンタに、この無用な知識と東大に合格する知識を交換して欲しいと頼みたい。まぁ、無理だが。
    昨年のプレゼントとクラスのみんなが言っていたことから、親がサンタであることが判明した。昨年は親にほだされて、安い腕時計を貰ったが、今年はそうはいかない。昨年のリベンジを含め、今年は親がなんと言おうが、「ルイヴィトンの財布」を頼むつもりだ。親がどうでるか見ものだ。もっと言えば、買ってくれるならクラスで自慢できる。
    そんな期待を持ったまま眠りについた。

    次の日の朝、枕元にラッピングされたプレゼントがあった。紛れもなく、サイズ的には財布だ。期待して開けてみると…

    「ルイバトン」というパチもんの財布だった。



    すんません。基本こんな落ちてるかどうかも分からないショートストーリーです。感動もなんもありません。実話でもありません。完璧にフィクションです。

    拍手

    なんか忙しいしです

    なんか忙しいしです(汗)いや、なんでかわからないところがね…(笑)

    しかも、治りかけていた風邪がぶり返すし。しんどいです。だから、ポケモンとかも全然してない。今、なんも出来てないです。精神的な休暇が欲しいです。いや肉体的な休暇も欲しいけど。

    そんな心を癒すため、行ってもいない正倉院展の図録を、注文して買いました。だって、19年ぶりに螺鈿紫檀五弦琵琶が出てたんですよ!生で見たかったorz図録で見てもなかなかよくて、裏の方がはっきり見れて良かったです。良く、学校などの資料集で載ってますが、表だけだったので、裏はただの木目しかないのかと思ってました。まぁ、とにかく図録を買って良かったってことですよ。

    眠いので、ここでこの話を終了しますね。

    拍手


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    プロフィール
    HN:
    紫鈴
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    漫画や音楽に興味を持っています。考古学が好きです。
    ちなみに…
    好きな漫画…武井宏之先生の作品をこよなく愛しています。基本的に幅は広いです。
    好きなアニメ…最近見ているのは「ワートリ」ぐらい…
    好きな小説…黒ねこの王子カーボネル、十二国記、ゲド戦記、五龍世界、乙一作品が好きです。
    好きな音楽…BUMP OF CHICKEN(愛しています)・Asriel(世界観が好きです)・Kalafina(ハーモニーが美しいです)。別ジャンルになると、クラッシックは全般的に好きです。好きな作曲家はラヴェルです。
    忍者アナライズ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]