忍者ブログ
ジャンプの感想がメインです。コメントもしくは拍手も暇でしたら置いていってください。TBはフリーですが、認証制にしております。その辺はご了承ください。相互リンクしたいのでリンクを張りたい場合は、一言言っていただけるとありがたいです。
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 説八(はちのはなし)『狐芝居』

    先週を見てないので、微妙。先週のおさらいもあったんですが、うーんよく分からなかった…BLOOD+みたいに映像ホント流して欲しいです。土曜日の6時にからずしも見れるという人は少ないんだから…では感想です。いつものように反転させます。(一週経ったので戻します)

    今回のOP、Aパート終了で始まりましたよ。このアニメは、そういう意味で侮れませんね。今回はサイゾーの話ですかね。サイゾーの出生、そして妖のお面。そして、アビは蝦夷の生まれ、ということは、アイヌ語か北陸の古い言葉ってことですかね。まさか、ロシア語ってことはないでしょうから…アビの意味は火です。しかし、先週見てないと、雲七がどうなったのか分かりません。で、ようちゃんは表面は取り繕っていました、きっと内心怒っているんだろうな…

    Bパート、アトル再登場。で、雪輪が喋った!!?おそらく雲七ですかね?で、サイゾーは女芝居小屋へ。まるで、千と千尋みたい(笑)で、アビと元さんは戦闘へ。ようやく、なんかまともな戦闘で…そして、えらい幻覚だね。サイゾーは舞台の憧れを捨てられない…で、まんまと幻覚に引っかかってるよ、アビと元さん。最高だね。で、ゆっきーと雪輪が華麗に登場。そうやって、サイゾーの元にたどり着いたけど、サイゾーは狐の女の人の言うことに必死で否定しようとするけど、無理でした。そして、仮面を被って来週へ。

    来週、アビや元さんも役に立つかな(笑)そして、女の子なサイゾーが出てきますよ!期待☆

    なんだかホントコードギアスのほうが面白い。だけど、今更コードギアスの感想書けない…で、思ったことだけど、ルルーシュって、デスノの月みたい…ほら、ギアスを手に入れるか、デスノートを手に入れるかって違いだし、リュークはC.C.ね。ほら、思えてこない?主張も似てるしね。

    拍手

    PR

    妖奇士: 説六

    今日も拓本してきました!そして、わたしは菩薩だとも言われました。私そんなに心広くないですよ?では、感想です。いつものごとく、反転させます。(一週間経ったので戻します)

    異界って世界規模なんですね。ビックりだ。始まった時、一瞬BLOOD+かと思った(笑)しかし、ゆっきーの力で雲七をああいう形にしたんですね。てか、みんなに死ねって言われたよゆっきー。どうすんの?死にたくないって言うけど…ようちゃんノリノリで遠山の金さんの真似。笑ってしまった。で、雪輪を裁くとか何とか。てか、雪輪は神様だそうです。神様を裁くんかい!!と思いましたが無理でした。なんかそのままどっかへ。CM後のやつのゆっきーが可愛い。今までこんなんだったっけ?

    雪輪が暴れまくってます。あいも変わらずまわりの人間が役に立たない。と言うか肉の事しか考えてない(笑)サイゾーの踊りがフィギュアスケートに見える。で、皆頑張るけど駄目でした。結局皆お縄につきました。雲七のおかげで(?)アトルを助けに行きますが、そこで生贄の話しが。まあ、色々内容を聞いてたゆっきーは遂に怒りました。彼が色々決意や考えを言いますが…ごめん。今までのあなたの所業を見てると、説得力が…来週は雪輪と対決ですかね。そして、雲七とのこれからの関係かな?もしくは、文字を奪うのかな?

    日本だけの話しだと思ってたのですが、意外と世界的ですね。

    拍手

    妖奇士: 説五

    今日は、拓本を学校でしました。拓本楽しかったですよ。瓦の紋様を一生懸命紙でなぞり墨をつける。ほんと楽しかった。(一週間経ったので戻します)

    今週はアバン無しでした。このアニメはある時とない時があるので大変です。で、先週の続きからでした。そして、ゆっきー39歳なのによく動けるな…しかもすごい回転…雲七の現われ方めっちゃ怖いんだけど…で、蛮社改所のメンバー囲まれてたし…とことん役にたたないな…

    で、おがちゃんみんなからの信頼が…嫌嫌やっている事がばれてしまいましたね…そんなところで、あのおっちゃんと先週のおばちゃんが出てきて、ゆっきーが人殺しの話しを…雲七がようやく人でない事をゆっきーは知りました。ってか、アトルも見えるんですね。悪魔って。やっぱり、異界の人間なんですかね。馬をケツクァトルと言ったのもかなり気になるし。

    ゆっきーが若い…か?雲七(七次)も若い?ってかゆっきー最悪だ…なんかひどいよ。七次も巻き込んじゃって…ほんと女の人(七次の恋人)も襲おうとするし…しかし、かんざしを見て異界を思い出す。さすがに、そんなことをされたと聞いて、怒らない七次さんじゃないですよね。そこで、ゆっきーと決闘をして、本音を言わせたのに…ゆっきーが殺してしまいました。色々、思い出したようです、ゆっきー。そこで、アトルもサイゾーと現れました。すると、雲七が…!!で、次週です。怖っ!!しかしホントゆっきー若いとき最悪だよ。

    次週はアトルの話です。アトルはどうやらアステカ生まれみたいですね。アステカか…(悦)

    関係ないですけど、コードギアスのC.C(シーツー)。彼女の性格いいですね(笑)

    拍手

    天保異聞 妖奇士 説四

    この前に、ワンピース、ウルトラマンを見てたのですが、ワンピースの絵が酷すぎる。ベルメールさんの頃の絵ってあんな感じでしたっけ?なんか酷かった。そして明らかに本編に近づきすぎてるから頑張って引き伸ばそうとしてるあたりが見え見え。見てて痛かった…

    ウルトラマンの方は、タロウが出てきてたことにビックリ。それ以上にビックリなのは、カラータイマーが3分以上鳴っているのですが…で、そんなことはどうでもよく、妖奇士の話をしましょう。では感想です。いつものように反転させます。(一週間経ったので戻します)

    いきなり、アトルと雪輪登場。ゆっきーの口ぶりだと、どうも前からの知り合いのように聞こえる。だけど、初対面っぽいですよね…どういうこと??まあ、そんなこんなでOP。ゆっきーは、まだ奇士になることを決めかねてるというか、まだ自分の中で納得してないのか、39歳にもなって反抗期(笑)おがちゃん困っちゃったね。おがちゃんのほうが若いししょうがないよ…年の功には勝てないさ。

    まあ、そんなこんなでゆっきーとサイゾーが見世物小屋のほうへ調査に行こうとしたら、湯屋のおっちゃんに見つかって逃げ出すゆっきー。っていうか、ゆっきーとの行動回数多いなサイゾーは。そこで、アトルと雪輪に再び遭遇。追い返されますが、見世物小屋を見学。鳥居さん(今後ようちゃんで)の方の部下も見学。ようちゃんが何をしたいのかよく分からない…で、結局生き人形が妖夷でした。

    ゆっきーはアトルに同情しますが、同情がアトルは嫌でした。まあ、考えてみれば、そうですよね。多少ショックを受けたゆっきーは妖夷と対決。だけど漢字は抜き出せず、自分の入墨から「往」を取り出し鉞へ。なんかすごくうれしそうな笑顔なんですけど、ゆっきー。それより、ようちゃんの部下が大量生産型?の妖夷を持っていたことに。なんか河童みたい(笑)結局そいつらも取り込まれちゃったけどね。だけど、ちゃんと戦えるやつはゆっきーしかいないのかよ。みんな…もっと頑張ろうよorz

    とにかく来週に持ち越しなので、来週を楽しみにしています。なんていうか、コードギアスの方が面白いんですが…

    拍手

    天保異聞 妖奇士 第3話「華江戸暗流」

    先週は見れなかったので感想書きませんでした。ということで、1週見てないのですが話しは分かったので感想を書きます。週遅れの人もいるので反転させます。

    えっと、まず名前変換するのがめんどくさいので、ニックネームを付けたいと思います。
    竜導往壓…ゆっきー
    小笠原放三郎…おがちゃん
    江戸元閥…元さん
    宰蔵…サイゾー
    アビ…簡単なのでこれはこのまま
    まあ、これでいいことにしてください。

    で、そのゆっきーですが、奇士にはなりたくないと言ってましたね。偉い頑固もんです。自分のことしか考えないのは嫌だとは言ってますが、彼の言ってることって結構自分勝手な気が…まあ、彼なりの信条でやってるのですから、しょうがありません。あの親子は、結局巻き込まれ損ですね…可哀想に…内容でくっ付くくっつかないとか言ってましたが、話を見てるこっちはそんなのかなりどうでもいいんですがね。

    そんなことより、元さん…アンタ着替えるの早いよ!?それ以上に早かったのは、サイゾーだけどね…すごい早かったよ。髪の毛とかどうしてるのか気になったよ、かなり。だって月代とか気になるじゃん。どうやって隠してんの?もう今日のビックリはこれにつきます。服のはや着替えもそうだったけどね…

    で、アビが強いのかどうか分からない…おがちゃんも、妖夷の肉を食べてたけど…いいの?あんた指示出してるだけじゃん…あと、雲七。彼の存在意義は解説ですか?そうなってくると話が進むにつれていらない存在に…そういう気がする…

    妖夷は物からできるのですね。それを知りました。だからあのおじいさんはおかしかったのか…とりあえず、妖夷と奇士の説明で分かりやすかったです。次回から本格的に話が展開するんですね。ちょっと楽しみです。面白くなってきました。次回予告の、女の子。どんな子かかなり気になります。まあ、BLOOD+みたいな展開にはならないでしょう。

    まあ、2話を見てなくてもいけたのでよかったです。てか、今回5時からだったので、焦りました。ちょうど、大学祭の帰りに買い物行って帰ってきたのが5時。ちょうどテレビつけて始まったのでホントよかった。ギリでした。だって、テレビつけるかどうか迷ったんだもん…

    拍手

    天保異聞 妖奇士 説二

    えーっと、ネットで無料配信されてたのでみました。感想を書きたいと思います。遅いし、もう週遅れの人も見ているのでそのままです。ちなみに、1週間経てば、日付は変えますので。

    雲七ってゆっきーしか見れないんですね。初めて知りました。ということは、異界に関する人物ですかね?とりあえずこれが気になりました。

    で、意外とゆっきーとあの親子の扱いが悪い。そんな縄で縛るなんて。仲間に加えたいと言ってるのに縛ったまんまで話してる(笑)でも、山神が現れた時には紐が切れてた!誰が切ったの?!で、斬ってもすぐ直ってしまって役に立たないおがちゃん(笑)もう、彼は司令官としているだけでいいよ。で、元さん。彼(彼女?)はみんなから、「江戸元」と呼ばれてました。この時代にそんな略し方…元さんのほうがもっと親しみがあって短いし、こっちの方がよくないですか?

    山神は央太のお父さんを食べた?(取り込んだ?)んですね。そして「父」という字を取り出し「斧」へ変換させたゆっきー。力をコントロールできるゆっきーがすごい。そして、山神を倒すところはなかなかよかったです。

    ようやく第3話に繋がりました。すっきり。やっぱ2話がないと困るわ。このネットでの無料放送。11月6日まで見たいですよ。1話から3話まで。見てない人はどうぞ見てください。導入編なので、わかりやすいです。

    拍手

    「天保異聞 妖奇士」1話

    意外とよかったですよ。あまり期待してなかったせいか、良く見えました。ただ、やっぱりあの絵にはなれない。まあ、何回か見てるとなれるんでしょうね、ネウロみたいに…では、感想です。週遅れの人のために今回も反転させます。(一週間たったので戻します)

    アバンは、追いかけられることになった央太が、村の子と一緒に稲の豊作を願ってるところから始まりました。そして妖夷があらわれます。村の子は「山神」と呼んでOPへ。

    OPの映像と曲が中々良くって、この時点でだいぶ楽しくなってきました。で、本編ですが、央太とその母親が物乞いをしているところに主人公・往壓(ゆきあつ)が湯屋のだんなと一緒に現れる…?あれ?物乞いをされてるんでしたっけ(汗)き、記憶が…洗濯物畳んでたから…まあ、そんなこんなで出会ったんです!まあ、その親子、浮民(はぐれですが)で、世間の風当たりが悪い。それを見て、湯屋に往壓は戻ります。湯を配ってる最中に、浮民の話が聞こえ、自分が浮民であることをばらしてしまいます。どうやら、往壓はあまりそういうことを好ましく思っていない、世が世ならきっとボランティアなんかしてただろう人です。まあ、そんなこんなで湯屋を追い出され、別の仕事へ。

    さて、そんな中「蛮社改所」では、往壓捜索活動が行われていました。で、元閥(げんばつ)さん。はっきり言ってこの人、この名前で呼ぶより、三木さんと言ったほうが落ち着くのですが…まあ、この人ちゃんとした格好した方がかっこいいのに…とOP見て思いました。

    「蛮社改所」の宰蔵(さいぞう)は、央太発見。央太は一生懸命穴を掘ってます。何が理由で斬ろうとしてたのかいまいちわかりませんが、そんなこんなを見た往壓は、央太を助け出します。親子ともどもね。まあ、救ったわけですが、央太は異界目指してまた穴を掘りに行きました。そして、どうやってか異界の扉?が開いたところで、追っかけてきた妖夷が出てきました。そこへ宰蔵とアビが倒しに来ますが、はじかれます。それ以上に宰蔵の武器の扇子、扇子はあんなに回るんですか?フリスビーみたいにいくんですか?まあ、あっさりとアビはやられ、央太を守ろうとした往壓は弾き飛ばされて水溜りへボチャン。そこで急に身体が浮いて…ってそこの流れ何!?いきなり漢字を生み出して攻撃?!往壓は攻撃できることを知ってるんでしょうか?無意識にやったことなんですかね?ちょっとここはわかりませんが、きっと次週辺りに説明があるはずです…1話だしね。まあ、異界の扉が開いてたので、そこから妖夷が2匹出てきました。さて、どうなる?!EDはまあまあでした。で、内容はこんな感じでした。

    BLOOD+よりだいぶ書きづらいですが、まあ、それは初回なので。自分の感想があまりないです。面白かったんですがね。でもこの感想、漢字を出すのがめんどい…往壓…出てこないし、読めねーよ!!以後、もしかしたらあだ名か、ひらがなで表記するかもしれません。疲れた…

    拍手


    [1]  [2]  [3
    カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    プロフィール
    HN:
    紫鈴
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    漫画や音楽に興味を持っています。考古学が好きです。
    ちなみに…
    好きな漫画…武井宏之先生の作品をこよなく愛しています。基本的に幅は広いです。
    好きなアニメ…最近見ているのは「ワートリ」ぐらい…
    好きな小説…黒ねこの王子カーボネル、十二国記、ゲド戦記、五龍世界、乙一作品が好きです。
    好きな音楽…BUMP OF CHICKEN(愛しています)・Asriel(世界観が好きです)・Kalafina(ハーモニーが美しいです)。別ジャンルになると、クラッシックは全般的に好きです。好きな作曲家はラヴェルです。
    忍者アナライズ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]