忍者ブログ
ジャンプの感想がメインです。コメントもしくは拍手も暇でしたら置いていってください。TBはフリーですが、認証制にしております。その辺はご了承ください。相互リンクしたいのでリンクを張りたい場合は、一言言っていただけるとありがたいです。
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「のだめ」ドラマ化

    さっき、朝日新聞のニュースサイトで見たのですが、今度9月からするドラマで、「のだめカンタービレ」がドラマ化するそうです。しかも月9!!すごい!でも、あの超絶技巧どうするんですかね?まあ、手だけの役者もいるでしょうが、大変だなあ…ちなみに記事はここから。

    ちなみに、のだめの役は、植野樹里だそうです。うーん…まあいいか?

    千秋先輩役は、玉木宏だそうです。これ微妙だな…

    まあ、フジテレビがやるので面白くはなりそうですが、ホント最近漫画をドラマ化したり映画化したりするのが多いな。脚本家だらしないぞ!

    拍手

    PR

    DEATH NOTE 前編

    今日見に行きました、『DEATH NOTE』。実はその前に授業で御所に行ったんですが、とりあえず先生のコネクションがすごかった…

    まあ、映画『DEATH NOTE』の感想を書こうと思います。

    今回実写と言うことで、キャスティングを見た時点でイメージとあってたのであまり心配はなかったんですけど、すごかった。藤原竜也より松山ケンイチがもうはまり役!!Lは彼しか考えれないと思ってしまいました。あそこまで難しいLになりきるなんて…!!友人なんか興奮してました。内容は映画オリジナルキャラを入れたことにより、内容が荒れるのではなく、洗練されたといった感じでした。南空ナオミの行方が原作では不明慮だった所が、ちゃんと映像化されてました。はっきり言えば、よかった。満足してます。原作があれば普通は不満が出るんですが、これはなかった。見に行ってない人は見に行ってみるべきだと思います。さて、ここからネタバレになるので反転させます。

    人物順に書いていこうと思います。

    月がノートを拾うタイミングがすごいよかったと思います。原作とは、年齢設定が違うので場所を変えたのは当たり前なんですが、うまいなーと感心してしまいました。ただ月のことで気になったのは、始めからキラよりの発言をしていたこと。詩織の前だけですが、ちょっと気になったところです。

    Lは、ホントはまり役だと思いました。あの動作、まさに私が想像していたLでした。そして、あのお菓子を串刺しにしていたやつ(バーベキュー刺し)、あれは笑えました。夜神局長部長の対応にも笑えました。最後にLが靴を履いてたことに驚きましたが、よく考えれば当たり前ですよね…

    リュークはCGでしたが、まあいいか、と私は思いました。もうちょっとCG感を無くして欲しかったところですが、いいことにします。あと、リンゴが欲しいとわめいた時の姿に笑えました。リュークの天井を叩く姿…笑えました。

    夜神部長以下警視庁で残った方々、夜神部長と松田さんはわかったのですが、そのほかの方々が誰が誰なのかいまいちわかりませんでした…でも、松田さんが脚本家にも愛されてることがよく分かりました。松田さんの台詞が異様に多かった(笑)

    詩織は映画オリジナルでありながら、原作の夜神局長の代わりを果たしてくれました。たぶんそういうことだと思います。彼女がこの映画のいい引き立て役になりました。オリジナルが潰さない映画なんて、めったにありませんよ。

    レイさん&南空さん、この二人はよかった。細川さんがかっこよくて見とれてました(笑)南空ナオミは原作では生死不明の状態で、復活して出てくるんではないかと言われた人物でしたね。あの不明慮な部分を、今回映画ですっきりさせてくれたことには感謝します。あの理由で死ぬのなら納得します。

    ワタリは…適役だな、と思ったくらいですかね。

    弥砂は、合ってたと思います。ちょっと出番は少なかったですが、なかなか。バスの広告がちょっと笑えました。

    あ、小ネタですが、電車に南空ナオミだったかレイが乗った時だかちょっと忘れたのですが、電車広告の中に本の広告がありました。そこで1つだけはっきりと名前を見ました。それは『乙一』という文字!!なんとうれしいことでしょうか!思わずあ!と叫びそうになりました。あとは、ポテトチップスがどこのメーカーのでもなかったことが気になりました。こういうときこそ宣伝になるのに…なんてアホなことを考えながら見てました。おしいな…カ●ビーやコイ●ヤ…せっかくのチャンスなのに…

    あ、思ってたんですけど、松山ケンイチさん、糖尿病にならないことを祈ります。そしてきっと当分お菓子や甘いものは食べたくないだろうなー、と思ってしまいました。

    拍手

    見たい映画

    今、映画が熱い!なぜって、見たい映画がたくさんあるからですよ。というか、よくここまで集中させたなと思います。金と時間が欲しいですが、そんなものくれる人がいないのでだいぶあきらめます。それでは、今私が見たい映画(まだ公開していないものも含みます)をずらずらと書いていきます。

    DEATH NOTE:これは、ジャンプ本誌で連載していたので見に行きたかったんです。キャスティングも悪くないし、何よりオリジナル要素が入っている。これに尽きます。原作も好きなので見に行きたい…と思ってたら、来週御所見学の帰りに友人と見る約束をしました。なので、見たら感想書こうと思います。

    TRICK:見たいです。友人が面白いと言っていたのをきっかけに、TVシリーズ3作目から見始めたのですが、はまりました。おもしろい。なので見たいのです。

    花よりもなほ:テレビで宣伝しているのを見ていたら、なんだかほのぼのしている感じで、すごくよさそうだなーと思ってたんです。なんだか、藤沢周平作品(たそがれ清兵衛とか)を醸し出してる感じがあるんですよ。私は、藤沢周平さんの本は読んだことがないですが(オイ)、映画を見て(TVでですが)この人の作品はいいなと思ったんです。だから見たいんです。

    オーメン:ホラー映画は嫌いですが、見てみたいんです(矛盾してるし…)いや、ホラーとしてみるより、オカルトチックな部分を見たいんです。悪魔の化身…なんだかこの響きがいい…ただそれだけで見に行きたいんです。でも、絶対一人じゃ見れませんし、誰かがいても隣で叫んでそうですが…

    嫌われ松子の一生:まわりが面白いと言っているのを聞いて、見に行きたくなりました。ただそれだけです。

    ラブ☆コン:原作の漫画は、友人から借りてたのですが、私が京都に来たせいでそれからさっぱりです。時々、立ち読みはしてますが。原作が面白いので、映画でどんなテンポで表現されてるのか見てみたいです。なにより関西弁!

    ゲド戦記:原作ファンでジブリファンの私なので、ぜひとも見たい。と言うか見に行きます。ああ、早くみたい…

    番外編

    実写映画 テニスの王子様:いや、これネタとして見たいんです。でも、これごときに1000円出すのももったいない。(しかも大学生料金じゃあ、絶対見ない。)でも、見て見たいんです、笑うために。ということ、DVDが出たら友人と割り勘して借りて、一緒に見ようと思います。絶対一人じゃ見ないし、割り勘じゃないと割に合わない(笑)

    こんだけ、私は見て見たいんです。お金振ってこないかな…

    拍手

    功名が辻と純情キラり

    今年の大河の「功名が辻」は面白い!何が面白いって、あのバカップル加減が!見てるこっちが恥ずかしくなっちゃうくらいのバカップルぶりです。しかも、山内一豊はバカップルの片割れな上に頭もちょいバカです。奥さんの千代は頭がいいのです。なので、功名が辻では、一豊だけChiyotokazutoyocolorの功績は半分(さらにそのうちの半分ほどは運)もあるかどうかで、ほとんど千代 のおかげで大名になれたと言ってもいいほどです。すごいです。で、せっかくなので(何がせっかくなのか分かりませんが)、描いてみました。絵を。今回も頑張って?フォトショを使いました。でも、まだまだまだまだ上手くは描けません。一応「千代と一豊」です。とりあえず、仲間由紀恵や上川隆也は忘れてください(汗)似てないにも程があるので…まあ、細かく見ると粗がいっぱいあるので見ないでください。服の色は、確かこんなんだったよな〜、というイメージで描いております…だから激しいつっ込みは勘弁してください。寛容な目で見ていただけたらと思います。

    さて、もうひとつのNHK(笑)「純情キラり」ですが、意外と面白い。時代は大正から昭和にかけて。少女マンガみたいな展開なんですよ。主人公は先生と婚約したり、仲のいい男の子にストーカーまがいのことをされたりとすごい。そして、幸福なことが起こったとたん急激に不幸になるという展開も備えております。少女マンガが好きな方にはおススメです。私は苦手なので、チャンネルをころころ変えたりしながら見ています(笑)私は冬吾さん(絵描き)が好きです。最初は桜子(主人公)とくっ付くのかと思ったのですが、そのお姉さんの笛子と婚約をしました。ただそれもまた時代やら何やらで、今大変なんですよ。桜子と1回ラブラブになったのに、家の事情で別れることになった達彦さんも結構好きなのですが、出来ることならくっついてほしくない。なぜなら、初期の段階でストーカーまがいなことしてるし(上記していたあの男の子です。)、彼は不幸の星に生まれた運命を歩んで欲しい。(ヒドイ)

    まあ、今のNHKは面白いってことですよ。皆さんも一度見てみてください。面白いですから。

    拍手

    THE有頂天ホテル

    見に行きました!!THE有頂天ホテル!!すごく面白かったです!!何回も見たくなりました。これは皆さん一度見てください。おすすめです。ほとんど笑っていたような気がします。2時間があっという間でした。内容はここで言ったらあれなので、見たい人だけということで反転させときます。

    有頂天ホテルでは主人公は誰もが主人公だと思いました。こんだけ、豪華なキャストで誰もが主人公。そしてその人のイメージに合ったストーリー展開がされてます。特に役所広司がよかったです。あえて主人公をあげるならこの人だと思います。元妻に嘘をつくシーンがなんとも言えず笑えました。そしてダブダブ(アヒル)がかわいかったですvvまた、オダギリジョーが今までのイメージを崩しての筆耕係。でかいシーツに小さく謹賀新年。これがまたいい味出してました。そしてでかい筆として持ってきたものがサンタクロースの髭!!よくあんなんで字が書けたなと感心してしまいました。YOUもすごくかわいかったです。

    こんなに面白い話が書けるなんて三谷幸喜は天才だと思います。ああ、もう一回見に行きたい…

    そうそう、今週号のジャンプのジャガーさんで出ていた「ヴィブラ・ステップ」が何気なく出てきました。「これかー」と1人で納得してました。どこで出てきたかは見てのお楽しみです。

    拍手


    [1]  [2
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    プロフィール
    HN:
    紫鈴
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    漫画や音楽に興味を持っています。考古学が好きです。
    ちなみに…
    好きな漫画…武井宏之先生の作品をこよなく愛しています。基本的に幅は広いです。
    好きなアニメ…最近見ているのは「ワートリ」ぐらい…
    好きな小説…黒ねこの王子カーボネル、十二国記、ゲド戦記、五龍世界、乙一作品が好きです。
    好きな音楽…BUMP OF CHICKEN(愛しています)・Asriel(世界観が好きです)・Kalafina(ハーモニーが美しいです)。別ジャンルになると、クラッシックは全般的に好きです。好きな作曲家はラヴェルです。
    忍者アナライズ


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]